肝斑の基礎知識情報サイト

肝斑の基礎知識をご提供します。

肝斑の基礎知識

肝斑は数あるシミの中の一種で、顔に左右対称となって出現します。特に日本人の肌は肝斑ができやすいといわれ30歳代〜40歳代の女性に多く見られる症状です。また、皮膚が浅黒い人はさらに肝斑ができやすい傾向にあるともいわれており、中には専門医でも肝斑かどうかの判断がつきにくい場合も多くあるといわれています。

肝斑の特徴として挙げられるのは、頬や額、鼻の下に左右対称に扇状に現れることが多いということです。境界がはっきりしていないため、ぼんやりと広がった淡褐色のシミでコンシーラーなどでも隠れないため女性にとっては非常に厄介なシミの一種ともいえます。

さらに、肝斑は女性ホルモンとの関連も指摘されているようにピルの服用中や妊娠、出産や更年期に伴い現れることがあります。妊娠中に現れたものは出産によって徐々に薄くなりますが、消えずにそのまま数年残るといったこともありますし、閉経によって徐々に薄くなり消失するといったケースも多く見られます。そのため、50歳以降ではほとんど発症しないともいわれています。

また、原因のひとつに紫外線による肌への刺激やストレスも関係しているともいわれています。もちろん、紫外線は肝斑ができる直接的な原因とは言い切れませんが、やはり肌への刺激やシミができることにより、そこから肝斑が誘発、悪化、または再発するということもないとはいえません。

肝斑の治療法は、他のシミの治療とは違い内服薬がもっとも効果的とされておりトラネキサム酸やビタミンC、ビタミンEをはじめとして外用薬も併用しながら治療していく方法が一般的とされています。

しかしながら、肝斑の治療は即効性のあるものではないため、一定の期間、しっかり内服薬を服用することが必要ですが、トラネキサム酸は2ヶ月以上継続しての服用に対しての安全性を確認していないとされているため2ヶ月服用したあとは一旦服用を休む必要があります。外用薬を使用している場合はいつも以上に紫外線対策もしっかり行わなくてはいけません。

そして、肝斑は通常のシミと違いレーザーをあてると悪化する可能性もあるため注意しなければいけませんが、肝斑の上や下に重なるように通常のシミがある場合も多く、このような場合はまず肝斑の治療からはじめ改善が見られたらシミの治療に移行していくのが望ましいでしょう。

いずれにせよ、肝斑にはさまざまなケースが存在するため安易に自己判断するのではなく、専門医で一度、診察を受けて相談した上で治療方法を決めていくのが得策と言えるでしょう。
肝斑は再発しやすいので、治療後は日常的に紫外線対策をしたりストレスをためない生活を心がけるようにすると良いでしょう。

肝斑を完全に防ぐことはできないとしても症状を軽く抑えるということは日頃のケアで十分可能なことなのです。このような肝斑の特徴を知ることで発症を未然に防いだり、症状の悪化や再発を防ぐことが出来ますので正しい知識を身につけるようにしましょう。

関連サイト:
ほんとうに中性脂肪を減らすにはどれ?